スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしきニッポン 生きることは食べること

おばあちゃん、元気?

介護施設にいるおばあちゃん

1ヶ月に1度なので私の顔もすぐには思い出せない。

記憶が合致したころ返事の代わりに、元気だったころの笑顔はなんとか見せてくれる。

焦点も合い辛い。耳はほとんど聞こえていない。話しかけてもほとんど無反応。

ただ、若くして旦那様をなくした後に、4人の子供をかかえてはじめた今は無きお菓子屋の写真には

声を発することは出来ずとも穴が開くほど見つめてる。

おばあちゃん、やっぱりこの頃が一番輝いていたんやね

ラジオと本が大好きだったおばあちゃん。部屋には昔愛読していた五木寛之が目立つ。

私、あんまり興味がないのよねぇ。「大河の一滴」から入ったのがまずかったのかしらん。

どれどれ、これは?と手に取ったのが「夜明けを待ちながら」。

表紙をめくると「自殺について」の文字。

私、かなり興味があるのよねぇ。天寿を全うする自信が無いからなのかしらん。



 信号待ちをしているとき、「バス代が足りない、お金をください」と

定住場所がなさそうなおじさんに声をかけられる。

「すいません」と青になった横断歩道を小走りに渡ってしまった。

桜がきれいで久しぶりの晴天。

家を出る前にあーでもないこーでもないと自分なりに選んだ服とアクセサリ。

はあ。家があって仕事があって身の丈に合うすこし余裕を持たせた中身の財布があるのに

「バス代」を手渡す余裕をなぜ持てないのか。

おじさんから見えないところで1,000円札を抜き取るも勇気をもてないままそれまで。

それでもお昼ご飯はお気に入りのお店で660円のおろしそばを食べてしまう私。

あー美味しい、あー切ない。

飢餓で今にも命が消えそうな幼い女の子とその時を待つハゲタカの写真を撮ったジャーナリストの話を

なぜか今ふと思い出した。全然全く次元レベルが違うことは百も承知。


不死鳥群その一羽 また衛もん

jyoururiji 
教えのちがいから起こる宗教戦争。
この世に安息の地が無いことだけは悲しいかな共通するところでしょうか。
~京都 浄瑠璃寺~
スポンサーサイト

すばらしきニッポン 「ほんまや」編

ランニングスタイルで難波~淀屋橋~梅田を軽快に走る ほとんど歩くかな。
ハーフパンツのポケットには必要最小限のお金と携帯電話。
ランニングのときくらい携帯電話を持たなくても、と頭では思いつつ、
持たない時に限って何かが起きたりして!
という起こりもしない何かに怯えたりなんかして。

この何々に限って、っていうのはすごいパワーの持ち主。

いつもはシートベルトをしているのに今日に限って
いつもはあっちの道を通るのに今日に限って
いつもは勝負下着なのに今日に限って とほほ  などなど

この何々に限って、というのを回避する為に脱線しない生活をおくれているのかも。

淀屋橋辺りに近づくと府庁周辺同様、大阪も捨てたもんじゃないとしみじみ

戦火を何とかくぐりぬけた日本銀行や、中央公会堂などさぞかしお金がかかっているであろう
重厚な建物が緑の木々にかこまれてなかなかの景観。

中洲に目を向けると「水都大阪2009」のメイン会場が。

水都、水の都。う~ん

そこに水上タクシーやクルーザーが・・・
橋の上から水面をみると、あれあれ、ずいぶん綺麗になったんじゃない?

ふむふむ、以前ほど臭いも気にならない。

安否不明だったカーネルさんの無残な遺体が発見されたくらいだから随分と川の美化に
大阪府市が力を入れてくれたのでしょう

あんなに偏った司会者でいいのかと最近は全然見なくなってしまったサンデープロシェクトで
橋下知事の特集。ファンとしてこれは見なくては。

なになに、府と市の水道事業一本化に問題山積だって?まあ大変

味だけでいうとダントツ市の勝ちでしょう。
確かに昔はどんなに喉が渇いていても臭みを感じてしまった市の水道水。
それが今は「ほんまや」というベタベタな商品名で販売される美味しい水に大変身

ほんと、美味しい。 

でもさわやかさのカケラも感じさせない「ほんまや」ってネーミング、なんでやねん。

いろんなことで話題になるけれどあんなに頑張ってはるんだもん、
橋下知事の方針には内容も理解せずついつい無条件で応援したくなるのよねぇ。


不死鳥群その一羽 また衛もん

すばらしきニッポン 物書きさん編

はぁ、気分がのらなくても書かなければならない物書きさんって、ホント苦しいでしょうねぇ。
ってお前は何様だ。
ここんところ全然つれづれってなかったのよねぇ。

では何故久しぶりに筆をとることになったのか(筆って・・・)?
それは「ブログ、読んでますよ」のカレのひと言。よっしゃぁ

だって単にお気軽ブログったって色々大変ですよぉ。
①ココロの内をフィルターに通す
②こされたそれを起承転結にまとめる
③公開ボタンONに悩む。

ねっ!なかなか体力気力の要ることなんですよ。
でもフィルターって個々まちまち。①の作業を怠ると人間関係もなにもあったもんじゃない
私の場合は世間体を気にするのでかなり目の細かいものを使用していますが
物書きさんってどうなのかしらん?

著者本人の日常や生立ちを赤裸々に綴っている(と著者本人だけが言っている)読み物って
どこか白々しくってどーも素直に受け入れられない私。
文章の端々に結局それかよと自慢話しが見え隠れしたり、きれいな私にもこんな醜い一面もあるのよとさらけだしているつもりがやっぱり幾重ものオブラートに包まれていたりなんかして。

おっと、いち雇われの身、早速フォローに入りますが昔オススメと社長から借りた
自伝「アメリカよ あめりかよ / 落合信彦」はかなりおもしろい内容です、はい。

もし自分が日々本心を文章にしたらどんな内容になるのかんらん?
陰と陽、う~んきっと陰中心に書いている気がする。
沢山の陰と自分を励ます力の弱い陽。・・・ダメだダメだ、生きていけなくなる。
またまたここでフォローしますが私の「陰」は「不平事」ではなく「不安事」なので、
私の周りの人、おびえないでくださいね。

大昔は恋愛に飢えたら渡辺淳一に満たしてもらい
ココロが荒んだら灰谷健次郎に浄化してもらっていた私。
今は飢えようが荒もうがすっかり手にしなくなったのは何故かしらん?
今も飢えているので渡辺氏のほうは単にマイブームの問題だけでしょうが
悲しいかな灰谷氏のほうは道徳の授業にも使える内容が酸いも甘いもそれなりに経験してきた
どんよりとした私のココロを浄化するには既に限界を超えているのでしょう。

不死鳥群その一羽 また衛もん

IMGP0933.jpg
京都下鴨宝泉のわらびもち でき立てホヤホヤ ものすごい歯ごたえですよ
黒いけれど決して餡が入っているわけではありません。



すばらしきニッポン 富士の山編

世間でいう適齢期だった遥か昔、いつかこの地を離れなければならないんだと
♪兎追いし かの川~とココロの中でBGMを流し、
雄岳雌岳のシルエットが美しい二上山に夕陽が沈んで行く様を見ては
ウルウルとついつい感傷的になったりしたもの。

二上山もいいけれど山といえばやはり富士の山

新幹線では必ず左窓側の座席を取ってしまうし、空では機長さんが「ただ今富士上空を飛行」なぁんて
アナウンスしてくれると、長くした首を右へ左へ振ってしまう。

静岡山梨県民でもないのにあんなに惹きつけられるのは何故なのかしらん?

富士登山には3回挑んだけれど高山病には勝てず九合半が限界。
でも自己最高記録をこの富士山で高山病で苦しむ友達と共に達成してしまった。
それはお昼過ぎに五合目からスタートして山小屋で朝を待ち、九合半まで登り、
あえなくスタート地点へ下山。

なんとこの間、おトイレに一度も行かず。いったい何時間経過しているんだ?

現在は世界遺産への登録目標があるのできれいに整備されたらしい富士のおトイレ。
昔はかなりひどかったらしい富士のおトイレ。
えらいことになっているおトイレを見るのも、またそこへ自分が上乗せしてしまうのもかなり抵抗が・・・。近ごろ頻尿気味の私には信じられないくらいに膀胱が膨らんでくれたんでしょうねぇ。

ところであの頃のように再びBGMが流れる日はやって来るのでしょうか。


不死鳥群その一羽 また衛もん

IMGP0931_convert_20090519161023.jpg
吉野山で採ったわらび 重曹であく抜き。緑がきれい
IMGP0941_convert_20090519160935.jpg
ゆで干し大根と

すばらしきニッポン おっぱい編

想像音    「むぎゅ~」

また衛もん  『 ひえ~!! くぅ~(歯を食いしばる)』

女技師    「 ハイっ 息を止めてぇ 」

また衛もん  『 痛くてさっきから息してましぇ~ん 』

女技師    「 右斜めをもう一度撮らせてください 」

また衛もん  「 "ない"からすみません 」

女技師    「 大丈夫、男性の乳房も撮れる機械なんですよぉ 」

また衛もん  『 "ない"って謙虚に言ったんだよぉ。ちくしょー!』

・注)  『   』はまた衛もん、ココロの叫び

久しぶりのマンモグラフィー検査。いや~痛い。機械が壊れてるんじゃないかって勢いでペッタンコに。

健康保険料や医療費がなんちゃらかんちゃらと言われがちですが、

一般庶民がいつでも専門医や最先端をゆく設備で診てもらえるなんて、ありがたいありがたい。

不死鳥群その一羽 また衛もん


IMGP0948jpg.jpg

熊本のチカちゃんからいただいた"新ごぼう"。昨日と今日の夕食。う~ん、美味しい

豆腐と








09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

不死鳥その一羽

Author:不死鳥その一羽
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。